のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

フーレセラピー、おそるべしっ!

昨日の朝目覚めたら全身が痛くて起き上がれなくて・・・体調最悪でした。
午後からお風呂&フーレセラピーでほぐしてもらって、とっても楽になりましたが、
さすがに「完治」という訳にはいかず、きっと翌日も痛みが残るだろうと覚悟してました。
ところが・・・今朝起きたら、どこも全く痛くないっ!
おそるべし、フーレセラピー!驚きの効果ですっ!!(別に回し者ではないが)

今日はホールにて、朝から夕方までピアノの勉強会。
でも、明日は丸一日仕事だし、あさっては伴奏の本番だから、
あまりムリして体調崩して、本番に差し支えたくない。
なので、勉強会は途中で切り上げて帰ろうかな・・・と昨日までは思ってました。
でも、体調が良いので、殆ど全部聴けました。腰が痛くなることもなく(^O^)
ありがたかったなぁ。

悩んでいたことについてとてもいいヒントをもらえたし、
今度弾く伴奏に役立つことも幾つかあって、早速試してみたくて仕方なくて、
急いで帰宅して、夜は良い練習が出来ました。
公開レッスン形式なんですが、人が弾いてるのやレッスン受けてるのを聴くと
普段自分で弾いてる時は気付かないことに気付いたりするので、とても勉強になります。
とにかく、講師の先生の演奏が素晴らしくて、毎年聴く度に幸せ~~な気分になります。

休憩時にランチ。画像がありませんがコーヒー付き980円。ものすごいボリュームです!
1007_044.jpg
1007_045.jpg

以下は自分の覚え書き。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

指・手首・腕・肩のどこから弾くか、欲しい音によって使い分けることはしているけど、
さらにその奥の「肩甲骨から動かす」ことは意識していなかったなぁ。目からうろこ。

身体やひじをくねくね動かして、音色を変えたり表情をつけたりしている「つもり」でも、
実はちっとも変わっていなかったり、それどころかムダな動きが自然な表現を阻んだり、
大きなフレーズを作るのを邪魔していたりする。これは自分でもいつも気になるところ。
動画を撮ってチェックすると、うまくいかないところは必ず不自然な動きをしている。

身体やひじは不必要に動かさない。
身体の内側(腹筋や肩甲骨)がちゃんと動いていることを意識すると、
逆に身体の外側は不必要な動きをやめる。

小手先だけの音は、芯の無い音。響かない音。心に届かない音。
そんな音を出している時、身体の内側は動いていない。
指先や腕の「筋肉」だけで弾くのではなく、(もちろんそれが必要な時もあるが)
身体の内側、肩甲骨から動かして弾いた音は、深みがあり心に届く音。

「表現しよう」と一生懸命になったり、緊張して身体が硬くなると、
肩に力が入ってしまった結果、「小手先だけの音」になってしまうことも。
それを抜くのに「肩を下げよう・首を伸ばそう」とはいつも思っていたのだけど、
「肩甲骨を動かそう」と思ってそっちに意識をやると、肩には力が入らないことを発見。

その、肩に力が入らず「リラックスした身体」で、身体の内側も外側も自然な動きで、
正しい音・正しいポジションに到達することを、練習で確実に身体に覚えこませれば、
あとは本番で「リラックスした身体の状態にする」ことだけを考える。
そうすれば、緊張して身体がこわばって普段と違う動きをすることがなくなるので
ミスタッチもなくなる。
(普段どおりの身体の動きで弾けたら、失敗しない。)

一音一音叩くクレッシェンドはしたくない。
プールに空気の入った大きなボールを沈める時のことを想像する。
水面に浮いたボールを水中に沈めるように圧力・重さを掛けてクレッシェンドする。
すると、一音一音が独立せず、まとまった響きでクレッシェンドできる。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク