のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

虚しい・・・

音大を受験する・・・という生徒が
「もし、(自分が)もっと勉強が出来てたら、(音楽は)趣味にしたやろ~な。」
と言ったことについて、どう解釈すべきか。

勉強が出来ない

受ける大学がない

「しかたないから」音大へ

・・・ってことですか?

(私・・・国立大に合格する程度には勉強出来ましたが、迷わず音大へ行きましたが、何か?)

演奏のプロを目指すにしても、教員を目指すにしても、ピアノ講師を目指すにしても、
とても厳しく、狭き門であるこの道。
果たして、そんな気持ちでやっていけるのか。

何より、自分が「命懸けて」やっている仕事について、そんなふうに甘く考えられて
いるのかと思うと、哀しいね。
ああ、だから、何を言ってもイマイチ伝わらないのかもしれないな。
「一生懸命に、命懸けてやっている」人と、「勉強できないからしかたなくやっている」人の
話がかみ合わないのも当然か。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク