のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

場爆砕

・・・じゃなくて、ババくさい。(笑)

以前は平気で出来ていたことが、年齢を経るにつれ出来なくなってくる。
以前よりうんと時間がかかったり、抜け落ちが多かったりする。

年齢・経験とともに慣れて、時間短縮できるようになったこともあるにはあるけど、
「以前のようには出来なくなったこと」の方が圧倒的に多い気がする。

今日は5月入会の新しい生徒2人の面接があった。
いつもの仕事の前後に30分ずつプラスして。
初対面の生徒や父兄と接するのはやっぱり疲れるなぁ。

結局、来月から楽器店の方は8人の生徒が新しく増えることに。
(自宅の方は2人卒業なのに1人しか増えず、先細りだけど・・・)
既に年末年始から何人か新しい生徒をレッスンし始めているので、合わせると10人を越える。
楽器店のやり手職員、Iさんの手腕だ。このご時勢に本当にありがたい。

今月に入り、新しい生徒達の面接で緊張することが多く、
教材選びもしなくてはならず(生徒に合わせて選ぶので、1人1人違う。)
おまけに自宅の生徒の発表会前で、イライラすることも多々あり・・・

金土日の怒涛のような仕事が終わった後、右のまぶたが猛烈にぴくぴくし始めた(^^;
疲れたりストレスがたまってイライラしたら、こうなる。
昨日今日と、痙攣するまぶたを押さえながらレッスンした。
明日は自分のレッスン。
週明けまで、なんとか無事に乗り切りたい。

(追記)
初心者テキストの最初に
「レドレドレレレ~(♪なべなべそ~こぬけ~)」
ってのがあるんだけど、
今の子って、「なべなべそこぬけ」知らないのね・・・
いや、子供だけでなく、お母さんも知らないのね・・・

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

レッスンはとても厳しくレベルが高いけれど、練習してくる生徒しか見ず、
やってこない生徒・弾けない生徒には我慢がならないA先生。
全く練習してこない生徒にも優しくほんわか接して、決して怒らない代わりに
コンクールを受けさせたりして、レベルを引き上げることには消極的なB先生。

私の身近にいる2人の先生は、とても対照的なタイプ。

楽器店は、いろんなタイプの先生にいわゆる「適材適所」で生徒を振り分けてゆく。
でも、
「楽器店としては、正直どちらの先生にも積極的に生徒を紹介しようとは思えない。」
とIさんは言う。
「それぞれの生徒のレベルに合わせて、少しでも『引き上げよう』と
熱意を持って仕事をしている先生にはなるべく多くの生徒を紹介したいと思う。」
とのこと。
「先生にはその熱意があるのが伝わってくる。」
って言ってもらえて、すごく嬉しかった!ちょっと疲れが飛んでった(笑)
・・・なんか自慢みたいで恥ずかしいけど(爆)←自慢じゃん。

それからは、まぶたもぴくぴくしないし!←なんて単純な私。。。

今日薬局で「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」と目薬を買って来たので、
それ使って、今日は早く寝よう。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク