FC2ブログ

のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

吹奏楽

中3のMちゃんが所属している吹奏楽部の定期演奏会が近くのホールであったので、聴きに行って来た。
記念すべき、第1回だそう。



昨今の吹奏楽部の演奏会といえば、派手な揃いのユニフォームやTシャツに身を包み、司会を雇ったりゲストを招いたり、派手なパフォーマンスに長々しいプログラム…
ちょっと聴いててうんざりする感じ?

昨日のは、みんな制服で、司会も部員。
1部オリジナル(一部オケのアレンジ)・2部アンサンブル・3部ポップスの、わりとあっさりしたプログラム。

1部と2部を聴いたんだけど…
ただただシンプルに、何の無駄も遊びもなく淡々と進められていくステージ。
1部の1曲めを聴いたら、まず指揮者の先生の指導がいいんだろうな…というのがよくわかる。
少人数で、まだまだ荒削りなところもあるけれど、音楽としてのまとまりが良い。

1部の組曲の朗読は、指揮者の先生が指揮の合間に。
舞台転換(イスや譜面台、パーカッションの配置換え)も、部員と先生が。

随所に「自分たちに出来る、身の丈にあったことを、自分たちの力で」という姿勢が貫かれているようで、すごく好感が持てた。
盛りだくさん…もいいけど、私はそういうのが好き💕

聴けなかった3部は、選曲から何から全て、生徒が「お客さんにどうしたら楽しんでもらえるか」いろいろ考えて企画したんだそう。
1部2部が真面目だった分、ここでいろいろ振り切れて、楽しいステージだったんだろうな。
メリハリが効いてて、いい🙆‍♀️
時間的には、ちょっと短めのコンサートだけど、もう少し聴きたかったな~~って余韻があるぐらいがいいよね。

すごくほっこりした気持ちで、会場を後にした。
でも、もったいないな~と思ったのは、かなり空席が目立ったこと。
新しく出来た綺麗なホールで、記念すべき第1回で、そんなに広くないところだから、きっと満席になるだろう…と早めに行ったのに。
宣伝が行き届いていなかったのか?
先生が地元の人じゃないからなのか?

先生も力あると思うのに、生徒たちも頑張ってたのに、もったいないわ~…

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク