のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

辞世の句

まだ足りぬ 踊り踊りて あの世まで
(六代目 尾上菊五郎)

歌舞伎で六代目といえば菊五郎。
そんな人でも…いや、そんな人だからこその、この言葉。

------------------------------

あら楽や 思ひは晴るる 身は捨つる
浮世の月に かかる雲なし
(大石内蔵助)

一般にこれが辞世の句と言われているが、これは主君浅野内匠頭の墓での句で、本当の辞世の句は

極楽の 道はひとすぢ 君ともに
阿弥陀をそへて 四十八人

なんだって~~知らなかったなぁ。
達成感と覚悟と、心の平安が感じられる。

------------------------------

あふ時は かたりつくすと おもへども
わかれとなれば のこる言の葉
(大石主税)

これは享年16歳の、大石主税の句。
16歳で討ち入り、切腹…若すぎるよ😭

当たり前のように顔を合わせていた時には、もう語ることはないと思っていたけれど、これが最後かと思うとまだまだ話したいことがあったのにと、心残りな気持ちになるものである

うーん、共感…
人生そんなもんだろう、と思う。

だからこそ、今を大事にしたい…と思うのに、親とはどうしてもうまくいかないなぁ。

こちらが親を思う心が全く親に通じず、突っぱねられ、逆に親はこちらを思う心をぐいぐい押し付ける。
私も相手と同じように、相手の気持ちを突っぱねてしまったら、接点は無くなる。
もしそのまま別れてしまったら、心残りがあるだろう…と思い、自分のためだと割り切って、一方通行の関係を受け入れようとしたが…

もう限界。
私は私の人生を生きよう。
自分が死ぬ時に、悔いのない辞世の句を詠めるように。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク