のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

本番終わった

伴奏の本番が終わった。
以前、「そつない」伴奏だと言われたので、それを少しでも払拭すべく
N先生のレッスンで教わったことを元に、自分なりに工夫したつもり。

何人かに感想をいただき、それなりに好感触だったのでホッ。

「伴奏」といえど、控えめに弾くばかり・合わせるばかりではダメで、
自分の音楽を作らなきゃ・・・とは以前から思っていたが、
モトモトの性格がヒカエメな純日本人なもので(笑)、どうも自己主張が中途半端らしい。
伴奏者は「あれをやってはいけない」「こうするべきだ」というセオリーにがんじがらめになって
自分を見失っていた部分も、あったかも知れない。

N先生のレッスンで、自分なりに精いっぱい心をこめて弾いた音に対して、
「まだまだ、もっともっと気持ちをこめた深い音を出さないと!」
と言われる。
あんまりこめ過ぎると「やりすぎ!」とか「ウザい」感じになるんじゃないか?と思ったりしてたけど、
まだまだやっていいらしい。

教えていただいた、
「恐れずに自分の音楽を表現する」
少しは出来たかな?

それで結果的に誰かに
「あの人の音楽、キライ」
と言われてもいいじゃないか。
万人に好かれる必要はない。ってか無理。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク