のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

頑張る!

朝起きて、ふと思った。
「何のために生きてるんやろ?」
毎日同じことの繰り返しで、つまらんなぁ。

多忙な日々が一区切りついて、多少のんびりゆっくり出来るようになったら、途端にコレ。
いざとなると休日に行きたいところもしたいことも、さして無い・・・なんて(-.-;)
多忙にかまけていろんな欲を諦めて来た結果・・とはいえ、あまりに寂しい。
心がさび付いてしまったようで。

そういえば、こんなこと考えたこと、10年以上なかったなぁ。
・・・そうか、GONTAがいなくなったからだ。
ちょっと時間が出来れば、まずGONTAと過ごしてたからなぁ。
シャンプー、ブラッシング、歯磨き、耳掃除、爪切り、小屋周りの掃除、洗濯etc.
やり始めれば半日はかかったから、予定のない休日にいつもしてた。
あとは、時間があれば一緒に遊んだり、川原に行ったり、長めの散歩に出かけたり。
そういうことが一切無くなった今、楽にはなったけど寂しい。虚しい。
時間をもてあましている自分がいる。

でも、新たに犬を飼うことが許されない以上、この状態は自分自身で払拭するしかない!
とにかく、行動あるのみ!・・・ということで、

■近隣で催されるコンサートやお芝居を調べて、行けそうなものは片っ端から予定に入れた。
 仕事の都合で行けないことが多く、見ると悲しくなるので催しの案内すら見てなかった。
 探せば意外と行けるものもあった。

■「ジムとスタジオ、プール2週間使い放題2000円キャンペーン」を見つけ、仕事が早く終わったので
 昨日仕事帰りに行って来た。
 ジムで説明を聞きながら、軽い運動を小1時間。
 その後、スタジオでストレッチ1時間。
 その後、プールで30分ウォーキング。
 身体がすっごく軽くなった。

■秋の本番で頼まれてた伴奏、引き受けるのを躊躇して悩んでいたが、思い切って引き受けた。
 コーラスAにはもう10年以上土曜日の練習で伴奏していて、加えてコーラスBにもここ2年ばかり
 月曜日に行っていて、2団体でいっぱいいっぱいだったのだが、コーラスCからこの度の依頼が。
 しかも練習日はAと同じ土曜日の午前中。
 今までにも何度か依頼はあったけど、練習日が被るのでお断りしていたら、なんと私のために
 練習日を日曜日に設定してくれる、とのこと。う~ん・・・
 秋からまた、休み無し生活に突入か??と躊躇していたけど、
 「ピアノが重要な曲なので、私に頼みたい!」とおっしゃる指揮者の熱意が嬉しく有難く・・・
 きっと難しいには違いないけど、頑張ってみようと思った。

そんなこんなで、コーラスの練習が始まる9月から、また忙しくなりそう。
今のうちに練習しておかないといけない曲がたくさん。
今日は午後から練習頑張って、夕方からまたジムとプールに行ってこようっと♪

*** COMMENT ***

No title

分ります!分ります!!!
とにかく空白の時間が嫌です。
以前は暇な時や忙しい合間に何も考えずサクラの側でゴロゴロしてるのが大好きな時間でした。
でも、今は暇な時間が(何も考える事のない時間が)怖いです。
忙しい時や、他の事をしている時はサクラとの楽しい思い出ばかり浮かぶのに
何故か何もない時間は後悔や嫌な連鎖ばかりが渦巻いてきます。

なので忙しさが逆に嬉しかったりする毎日です(^^)
仕事以外でも趣味やお出かけも積極的にするようにしています~。

涼しくなったら兵庫にも是非遊びに行きたいです!
お時間が合えばイロイロ連れて行って下さい~(^^)

なんで?

ある地方の愛犬家の一人です。

どうしてもう「のほほん」さんはもうワンちゃんを飼えないのですか?
人と人との出会いと同じで、ペットたちともそういうのありだと思います。
どうかあきらめないで(気持ちを切らさないで)!
たぶん「GONTA」君もそれを望んでいる(少なくとも喜んでくれる)はず!

ちょっとデリカシーのない質問だったかな?
もしそうならごめんなさい!

>ぷーちゃんへ

>以前は暇な時や忙しい合間に何も考えずサクラの側でゴロゴロしてるのが大好きな時間でした。

そうなんですよね~。あの時間が自分にとってどれほど大切だったか、いかに心のよりどころになっていたか・・・を改めて思います。
悲しいことや悔しいことがあった時、そして嬉しいことがあった時、いつもGONTAに聞いてもらっていたし(^。^)
でも、聞いてもらってた・・・といっても、言葉はいらないんですよね。ただ寄り添っているだけで、こちらの気持ちを察知してくれてました。
泣いてる時に、何度涙を舐めてもらったことか!(笑)

ぜひぜひお越しください!楽しみにしています\(^O^)/

>ミスターダブ様

コメントありがとうございました。
疑問に思われるのはごもっともですが、家庭の事情により今後犬を飼うことは難しいのです。
私の気持ちとしては、正直今すぐに迎えることは考えにくい・・・それは確かですが、また出会いがあったら新しいワンコと共に人生を送りたい。出来れば1匹でも多くの保護犬の命を救いたい!という思いがあります。
ただ、現在実家暮らしで、家長である親が動物を飼うのに絶対反対・・・という姿勢を貫いていて、そもそもGONTAを飼うことも最初はとても難しかったのです。
GONTAを我が家に・・・というご縁があった時、どうしても飼いたくて、説得に説得を重ねてようやく「この子だけ。もう二度と飼わない。」という約束のもとに飼い始めました。
反対はしていたけれど、いざ飼い始めると家族も可愛がってくれ、本当によくしてくれましたが、亡くなってからは「もう二度と飼わない」と決意は固いようです。さっさとGONTAの小屋やモノを処分してしまったのも、私が「二匹目を飼う・・・」と言い出さない前に、ということだと思います。
約束は約束ですから、仕方がない・・・と思っています。
親も高齢ですから、これから新しい犬を十数年、責任を持って飼うことは難しいと思っているのでしょう。
ただ、もしかしたら、これから先どんなご縁があって、再び我が家にワンコが現れることがあるかも知れません。望みは限りなくゼロに近くても、ゼロではない・・・と思っています(^。^)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク