のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

胃炎?食道炎?

こないだ肉をがっつり食べた翌日ぐらいから、胃の調子が悪い。
油の匂いがすると、たまらなくムカムカして、胃液が上がって来る感じ。
体調イマイチなところへ、暴飲暴食がたたったのかな。

子宮筋腫をなんとか切らずに抑えたいため、初めて鍼治療へ行ったのだけど、初診であちこち診てもらって、背中を見て…
「胃の調子悪いね。逆流性食道炎になりかけかな?いや、もうなってるわ。」
背中見ただけで分かるんですか😳すげー!

丁寧に問診・診察していただき、
「今まで大変でしたね。大丈夫ですよ!(筋腫を)小さくしましょうね!」
と力強く言ってもらえて、心強かった。
もう薬も注射も嫌だし、電車で2時間かかるので遠いけど💦しばらく通ってみるつもり。

夜は炭水化物やめること。
そして、なるべく歩くこと。

今度こそ本気でやってみよう。
ちょうど胃も変だし…

昼は雑炊。


夜は野菜と豆のスープにお豆腐入れて。
とりあえず、早く調子が戻ればいいな。

続きを読む »

じゃあ一回やってみろよ!

介護は誰にでも出来る

こういうこと言う人いるんだなぁ。
信じられない。
やっぱりこの人嫌いだわ。

肉!

すご~く肉が食べたくなって…



ハンバーグと焼肉。

食べすぎだよね…でも満足。

仕事終わった~~

お腹すいた~~
何食べよう…

家に帰る前に食べるか、
食べてから家に帰るか、

悩ましい…

松竹座

シルバーウイーク中に、すごく久しぶりに新派公演を観て来た。

昼は2階の二等席。
通路の後ろで、前の人の頭が邪魔にならず観やすかった、


夜は奮発して一等席の一列目。
同じ緞帳がこう見える(笑)


27年前にも「婦系図」を見たけど、めの惣だけで、有名な湯島はやらなかったので、今回は通しで観られて、わかりやすくてよかった。


襲名と初舞台の口上つき。
歌舞伎の口上は髷に裃だけど、新派の男性は散切り頭に紋付、女性は芸者さんみたいなんだなぁ。新鮮。

旧派(歌舞伎)に対する新派…で、当時は新しいお芝居だったんだけど、今や古典も古典。いろんな面で「古い」と感じる。
若い人には「???」ピンとこないことが多いと思う。
古き良き…で、ぜひ残して受け継いで欲しいものもあれば、もっと現代的にわかりやすくする工夫もいるだろう。
新しいものを創り出すことも必要だろう。

新・喜多村緑郎さんにはそういうことを期待したい。
師匠が歌舞伎の世界でやったことを、貴方は新派で…楽しみだなぁ😊
もちろん役者としても…相変わらずハートのある熱い芝居をされるし、二枚目ぶりに貫禄が加わりますます素晴らしくなられたね。
(10代の頃から知ってるからなぁ~感無量😅)

昼の弁当。食べ応えがあって、美味しかった!

親って難しいなぁ。

でも、
今の関係がどうであろうと、今の自分があるのはあなたのおかげ
この世に生まれた無力な命を、不自由な思いをさせること無く懸命に育ててくれた
そこに深い愛情があればこそ

そんな当たり前のことを忘れてはいけない
(忘れたことはないけど)

一緒に幸せにはなれなくても
あなたの幸せを心から願っている

海は荒海

いよいよ秋の本番に向けて、日曜日のコーラス練習が始まった。
午前と午後のダブルヘッダー。
これから11月まで休み無しだ。

午前は坂本九さんの歌。
リズムが難しい…なんか、年々ノレなくなるわ~😢

午後は「砂山」。
今回は「う~み~は~、あ~~らう~み~」の方。(山田さんバージョン。)
宗教曲をたくさん作曲された先生のアレンジで、美しいのだけど悲しくて暗くて、弾いてると精神的にクる。
こんなに深刻に弾いていいものか…もっと素朴な曲なんじゃないか?

練習終わっても、平常心が取り戻せない。
どこかでリセットしないと、引きずる。
海を見に来た。



うーみーはー、あーーらうーみー
むこーうーはー、さーどーよーーー



暗くなってきた。帰ろう。

続きを読む »

幸せ

健康診断に行った後、朝ご飯抜きでお腹ぺこぺこで食べたモーニング。
これで飲み物代だけ…とは太っ腹なことだ。


仕事場のトイレの小さな窓から見えた、夕焼け。


小さな、幸せ。

格言

とある歌舞伎俳優さんのブログがツボで、過去記事をずっと遡って読んでいる。

その昔、大学生の私は菊五郎劇団のイベントで歌舞伎座のロビーにいた中学生のぼっちゃんにサインをもらった。
お父様とお祖父様を相次いで亡くされて、大変なご苦労をされたことと思う。
今ではお子さんを二人持ち、一門を率いる立派な役者さんになられた。感慨深い。

その方がある人からもらった…という助言を書き留めておられた。
ピアノを弾くに当たっても、なるほど!と心に響く言葉の数々。
私も忘れないように書き留めておこう。

1.いつでもこれでいいと云う満足を感じずに一生を過ごす
2.自分を見失うな
3.いつまでも若く感激性を保持しなければ舞台や役の感激に浸れず、合理主義的演技に陥ってしまう
4.確信と反省を絶えず忘れてはいけない
5.巧く演ろうと思わず、ただ全力を尽くせ
6.拙くとも自ら創り出せ
7.行き詰まり、そして打ち破る
8.昨日良く出来ても昨日の様に演ろうと思うな、今日は今日の気持ちで演れ
9.稽古中は臆病に、舞台に出たら自信を持つ
10.早く言う時は心持ちゆっくり喋る様に
11.修業はこれからだ

親に孝行することを諦める

こちらの気持ちが伝わらず、どうにもうまくいかないから、もう諦めることにした。

モノにもココロにも関心を示さない母だが、現金だけは無条件に素直に喜ぶので、気持ちはお金で示すことにした。

ああ、せちがらい…

大人の生徒さん(60代)が
「母親は、娘が自分のために…と考えてくれていること自体が嬉しいのよ。」
「例えそれが実現しなくったって、娘が『何かしてあげたい』と思ってあれこれ考えてくれることが一番嬉しい。」
と言った。

…そんな母親の子供に生まれたかったなぁ。

どうしたら感謝の気持ちを表せるか、どうしたら少しでも喜んでもらえるか…
どんなに考えて何をどう言っても(別に断られるのは構わないのだが)、迷惑そうにしかされないなら、何もしない方がマシだね。

しまいに、相手のことを考えても考えても報われない自分が可哀想になって来て。
母に感謝してほしい…などとは微塵も思わないが、母の喜ぶ顔を見れたら自分も幸せ(報われる)…とは思う。

それも結局はエゴだよな。
自分の幸せのために親孝行を利用するな。

喉元過ぎるとまたいらんことをしたくなるので、ここに書き留めて自戒しようと思う。

続きを読む »

プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク