のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

今日もお休み♪

明日コンクールの曲が発表になったら、選曲したり説明会に行ったり…と、
またバタバタな日々が始まるので、今日まではのんびりしようと決めてました♪

朝から細々とした用事を済ませ、銀行に行って手続きや振込をして、
それから友人とランチして、
image001.jpg
別れて知人に届け物をしに行き、しばしおしゃべりして、
これから別の友人とお茶しに。
午後から仕事がない…っていう開放感に浸っております(^-^)/
夕方からはどうしようっかな?
家で練習するか、どこか行くか…

(追記)
結局、お茶した友人宅に、日付が変わるまで居座って(⌒-⌒; )
晩ご飯もご馳走になり、ずーっとしゃべっておりました。
image002.jpg
のんびりした休日を過ごせて、楽しかった♪
明日からまた頑張るぞ〜!

こんなん撮りました(*^_^*)

1302.jpg
ちょっと、仕事上の必要に迫られて…
疲れたけど、楽しかった~♪
プロの技って、ホントにすごい!!

大阪に来ています。


仕事休みで、急に思い立って。
これから、とあるところへ…
楽しみ♪

ありがたい&こわい

12月末・1月末・2月末でレッスンを辞める生徒がなんと8名も!
つるんで辞めていく訳じゃなくて、偶然重なったんだけど、
私の指導力不足かしら・・・と、ちょっと悩みましたねぇ。
楽器店の生徒だから、申し訳なく思うし。
だけど、これまでが忙しすぎたし、春からの新入会も数名はお聞きしていたので、
今は、つかの間の休息・・・って感じで、レッスン合間の空き時間に自分の練習したり、
隣の部屋の先生とおしゃべりしたりしてます(^。^)

ありがたいのが・・・
「ココ、1時間空いちゃったな~~でも、ま、いっか♪春になったら埋まるし(^。^)」
と思ってそのままにしていたら、その前の時間(一番早い時間)の兄弟のお母様が
「もしかして、うちの子の後が空いてませんか?もしよかったら今だけでも詰めますよ」
と自発的に申し出てくれて、仕事に行くのが1時間遅くて済むようになったり、
同じように、前が1時間空いてる兄弟(その子達でその日のレッスンは終わり)のご父兄が
「もしも学校から早く帰れたら、ちょっとでも早く行けるようにしますね~」
とこれまた自発的に申し出てくれたり。
早く来てくれると、私は少しでも早くおうちに帰れる訳です。
本当にありがたい限りです。

これまで、生徒の都合で「レッスンの時間を変更して欲しい」などと我儘を言われたことは
たくさんありますが、そんな気配りをしてもらえたことなんて殆ど無いので、びっくり。
長くやってると、たまには「いいこと」もありますね(笑)

そうこうしているうちに、昨日楽器店に現在のスケジュールを提出するように言われ、
辞めた生徒がたくさんいるのでビクビクしながら提出した訳ですが・・・
「ここ、1時間空いてるところ、生徒入ったからね!」
と、早速また新しい生徒を入れて下さり、ホントにホントに嬉しい限り。
同僚の先生からは
「一度時間が空いちゃうとなかなか埋まらないからね~」
と脅かされていたので、覚悟してたんだけどな。ホントよかった(^。^)

定期的に通ってるマッサージのお姉さんからは
※同い年で、同じく独身で、同じようにフリーで自営業やってるので、仕事の話とかでいつも盛り上がる
「辞めて、惜しいな~って思う生徒さんはいたの?」
と聞かれ、
「いや、正直、いない・・・」
と答えると、それはいい兆しじゃないの?と言われた。
よどんでいたものが、新しいものと入れ替わる。
新しい風が吹いて、物事が前に進む兆しかも・・・と。
なるほど。
そう考えることにして、いろいろと動き出してみようかな。

★・。.*・;。☆・。.*・;。★・。.*・;。☆・。.*・;。★

ある同業者のブログをこの間久しぶりに見て、あきれてしまった。
その方は同じ楽器店の講師をしているのだが、体調を崩して仕事を休まれることが多い。
その方と私とは、年間のレッスン回数が違う(契約上の違いで)。
その方は年間40回。私は年間44回。
だから、その方の方がお休みは多くて当たり前だけど、それにしてもよく休まれる。
生徒からチラホラと「○○先生、風邪でお休みだって~」という情報も入って来る。
今年に入ってからだけで、もう2回体調不良でお休みされているらしい。
私自身は、もう何年も体調不良で仕事を休んだことがないので
(一度だけレッスン中にじんましんが出て呼吸困難になって早退したことはあるが)
ちょっと信じられない。
楽器店の人に言わせれば
「自己管理が出来ない、ルーズな人」
らしい。

たまたまのぞいたブログで、その先生が風邪でお休みされていたあたりは
1週間ぐらい更新がなかった。
だけど、体調不良については何も触れずにブログは再開され・・・
あろうことか、昨日のブログには
「他の先生が体調不良でレッスンを休まれているみたい。私も気をつけなくちゃ!」
と書いてある!
通っている生徒や父兄も見ることが出来るブログです。レッスンをお休みしたクラスの
生徒や父兄が見たら、どう思うんだろう?
「この間はお休みしてご迷惑おかけしました」
の一言もなく、あろうことか他の先生の批判ですか???

この先生、いろいろと問題アリのようだが、今まで、その教室のその曜日のレッスンは
その先生しか開講しておらず、生徒にとっては選択の余地がないので繁盛していたようだ。
それが、来年度から別の教室からもう1人、やり手の先生が来られることになり、
下手すると生徒が減ってしまう・・・という危機感があるらしく、
いろんな生徒に「私のところにおいで」と勧誘を始めたらしい。
それで、私の生徒が1人持って行かれたんだけどね(笑)
こわいなぁ・・・

楽器店の人曰く、その先生の生徒が減るのは「時間の問題だ」そう。
そりゃ、いい加減なことをしてたら、当然生徒は離れていくよな。
私もそうならないように、頑張らなきゃ!

とりあえず、明日はバッハのレッスンのための講座を聞きに、岡山まで。
とにかく日々、勉強あるのみですね。

デュオも、相手によりけり

午前中、今度デュオ(2台ピアノ)をするパートナーとの初合わせだった。
初めての相手と合わせる時は「ちゃんと合うかな?」ってドキドキだけど、
学生時代の2学年上の、憧れの先輩との合わせですごく楽しみにしていた。
最初の1回から、合わなくて困るということが一切無くて、とっても合わせやすかったo(^-^)o
これって、やっぱ年齢や経験かな?(二人ともいい大人だし)
でも、合わない人とは年齢や経験関係なく本当に合わない、ので、結局は相性なのだろう。
まだまだちゃんとは弾けていないけど、楽しくなりそう~~♪
そんなことを思いながら弾いていたら、先輩からも
「初めての合わせで、こんなに合って『曲になった』のは初めて!」
って言ってもらえたので、同じこと思ってたのね・・・と嬉しくなった(#^_^#)

先輩はついこの間伴奏の本番があったそうで、来月にも連弾の本番があって、
先月はお身内にご不幸があって・・・とてもお忙しい中、愚痴一つ言わずに合わせに来て下さった。
それが、最初の合わせなのに(まだあと4ヶ月もあるのに)、すごくきちんと弾かれてて、
自分が恥ずかしくなるぐらいだった。
ああ、私も負けずに、もっともっと頑張らなくちゃ!!と思った。
とても刺激になったし、やる気が出た。
こういう方とご一緒出来て、幸せだなぁ(^。^)
願わくば、お互いに刺激を受けつつ切磋琢磨出来る関係になれたら最高だなぁ!
そうなれるように、頑張ろう!!とすごく思った。

いつもものすごくきちんと準備をされる方で、今回も
「デュオのプロの先生のレッスン受けに行きましょう」
というご提案。新たな勉強の機会を与えていだたいて本当に感謝。
これが、いい先生との新しい出会いになればいいな・・・と、今からワクワクo(^-^)o

★・。.*・;。☆・。.*・;。★・。.*・;。☆・。.*・;。★

夜、別のデュオの本番をご一緒する大先輩と電話でお話しした。
この方との本番はまだまだ先なのだけど、話が二転三転したり立ち消えになったりするので
怖くて本決まりになるまで練習に取り掛かれない・・・という、やっかいなお相手。
で、いざ練習に入ったらいつも、合わない人とは年齢や経験関係なく本当に合わないのを
つくづく実感するという(笑)
連絡下さいというのでお電話してみたら案の定、この間決めた曲は問題があって無理だという。
(忙しさや体調を言い訳に)
まぁ、それを見越して全く練習してなかったけどね(笑)
おまけに、自分が弾くはずだった別の相手とのデュオ曲を、私に代わりに弾けという無茶ブリ。
「あなたなら初見で弾けるでしょ?私体調悪いから。」
・・・いや、初見で弾けるなら自分で弾けば?体調悪いって、本番まだ8ヶ月も先やし。
ホント、マジで面倒臭いしんどい。
しがらみがあって、断りにくい本番だったんだけど・・・
傷が浅いうちに断るべきかなぁやっぱり。

それにしても、相手によってこうも違うものかしら。。。

コンサートな一日

午前中は、とあるコンサートに行き、自分もちょこっと弾いた。
秋に弾いた伴奏と同じ曲をもう一度。
あの時、シにフラットを付け忘れたり、余分に付けたり…
そんな間違いをしでかして思い切り凹んだ、そのリベンジを無事に果たせた。
ホッとした。

コンサートの後半に、とある楽器の方がゲストで演奏して下さった。
みんながよく知ってる、親しみやすい曲(楽譜を見て演奏)の音を明らかに外しまくる。
2曲だけ暗譜で演奏した、玄人向けの曲(有名な曲ではない)は素晴らしかった。
一般向けだから、馴染みのある曲を…と思われたのだろうし、依頼されたのだろうが、
そういう曲を準備不足で安易に舞台にかけてはいけないと思う。
むしろ、失敗が許されないだけに、心して取り組む必要がある。
もし余裕がなければ、多少簡単にアレンジしてでも、完璧を目指すべきでは?

午後から別のコンサートに。
別のジャンルの、別の楽器の方がそれぞれに演奏したり、コラボしたりで楽しかった。
午前中とはうってかわって、安定感のある演奏で安心して聴けたし、とても勉強にもなった。
あんなふうに舞台の上で何の力みもなくリラックスして弾けたらどんなに楽だろう…
それは、確かな技術に裏打ちされた余裕なのだと思う。
本当に羨ましい。自分はとてもああは弾けない。
だけど、もし出来るなら、私は相手に寄り添うように弾きたい。
先導するのでもなく、後から付いていくのでもなく、平行線でもなく。
付かず離れず寄り添うように。
(その方を批判するのではなく、その方と私のタイプが全く違うから。)

音楽に包まれた、有意義な休日でした。

二日遅れ


小学生の時から毎年くれる中学3年生が、一年毎に作るの上手くなってる(^O^)
今年はトリュフが9個も!!

一日遅れ


私にまで持って来てくれる、その気持ちが嬉しいね♪

バレンタイン♪





チョコレートフォンデュと、友チョコクッキー。

またまたチョコレート♪


手作り。
可愛い~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク