のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

希望の支援

たまに拝見している大阪のピアノの先生のサイトで、次のような募集がありました。

東北関東大震災 ピアノ教室復活支援会 「希望」

個人の先生が、このような支援の窓口をされていて、本当に頭が下がります。
買ったものの使っていない楽譜が何冊かあったので、早速出してみました。

1103_033.jpg

あるのを忘れて再び買って重複してしまったり、間違えて買ってしまったり、
生徒のために買ったものの、退会してしまって使わずじまいだったり、いろんな理由で、
いずれも買ったお店が遠かったり、レシートを紛失して返品出来なかったもの。
数えてみたら28冊。ずっと「これもったいないなぁ、どうしよう・・・」と思っていたので、
これが役に立つならこんな嬉しいことはありません。

配布方法:支援品のリストを作成し、関係各所に配送する
配布されなかった支援品:バザーを実施し、売上金を配送料、また支援金として募金する


自分自身を考えてみても、レッスンで使う教材って大体決まっているので、いくらご厚意であっても
使わないものをいただいても仕方がないんですが、上のようなきめ細かい方法なら
残った楽譜もバザーで売上げ金を配送料に回していただけるので無駄がありませんね。
その代わり、とりまとめて下さる方は非常に大変ですが。
同じ関西なので、発送のお手伝いなど何か出来ることがあればさせていただきたいと思っています。

明日、早速送って来ます。

結果発表~!

半年前に行ったメタボ講習で定めた目標に向かってダイエットをして、はや6ヶ月。
今日は結果発表をしに、市の保健センターへ行って来た。

目標は、「体重6kg減・腹囲5cm減」。
本当は「3kg減」ぐらいの方が無理せず取り組めるのでオススメ・・・とのことだったけど、
講習に参加した当時は燃えていて(笑)、「1ヶ月に1kg~?チョロイチョロイ!」と設定。

がしかし・・・

講習直後に大きな本番が2回あり、その後も仕事が忙しくストレス満タンで
ダイエットどころではなく、年末までまったく何の変化もなし。

・・・いきなりくじけとるがなっ!

年明けから気合を入れ直して、せめて目標の半分でも達成しよう!とダイエット開始。
最初の講習で以下の3つの方法を考えていたので、とりあえずそれを実行。
①週1~2回プールに行く
②ご飯をお茶碗半分にする
③間食を減らすor低カロリーのものにする

で、1kg~2kgはすぐに落ちたんです(ホラ、元が太ってるからそれぐらいすぐ落ちるのよ)!
別に、極端にキツイ方法じゃなくて、楽チンだったからね。
でもそこからあと1kgがなかなか落ちなくて(^-^;
ご飯抜いたり、過激なダイエットをしたらすぐに落ちるかも知れないけど、
6kg減が最終目的ではなく、これから先長く続かないと意味がないから、
なるべく無理はしたくない・・・

それで、上の3つに付け足して、今月入ってからはさらに以下の3つの方法も試しました。
①朝晩の体重と食べたものを手帳に書き出す。
②時間と気持ちに余裕がある時は、仕事終わってからウォーキング。(週2ぐらい)
③仕事が夜遅く終わる日は、晩御飯をかなり軽くする。

これで、なんとか目標の半分(3kg減・2.5cm減)は達成。
今日集まったみんなで、それぞれの成果を発表し合いました。

私の隣の年配の男性は、今回の講習を機会に煙草をやめ、毎日ウォーキングされ、
体重の減少が停滞してからは1日10km歩いているそうな。
夕食を摂る時間も以前より早くして、夜寝る前にお腹がすいても「根性で我慢」。
すごく意思の強い方で、お話を聞いて感心した。
その方も、目標設定が高すぎてクリアしていなかったけど(笑)
オススメのウォーキングコースを教えてもらいました。

私は半分しか達成出来てなかったので恥ずかしいなぁ~と思っていたのですが、
他の皆さん(私とあと一人を除いて皆さん年配の方ばかり)、「まったく変化なし」とか
意外に成果がない方が多くて、中には「もういいわ」と開き直られている方もちらほら。
市の保健センターがこんなに心をかけて手間かけて(しかも無料で)講習してくれているのに、
「もういい」の一言で切り捨てては、なんだか甲斐がないなぁ・・・って思ってしまいました。
みんな、出来ることからコツコツやっていこうよ!ほかならぬ、自分のためだもん。
とはいえ、やはり「年齢を経ると痩せにくくなる」というのはあるんだろうね・・・よかった、今のうちに頑張ろうっと。

私と同年代の方が、すごく痩せられていて(目標以上に)
「すごい!顔がちっちゃくなりましたね~~」
と驚くと、
「これは病気でやせたの。だから喜べないんよ。」
とフクザツな顔・・・甲状腺の病気って、疲れやすくて痩せてしまうんだって。

そう、何をおいても、まず健康が一番。
自分なりに考えて、これからもほんの少しずつの努力をしていこう♪と思います。
行ってよかった(^。^)

別れと出会い

東京の音大へ行くYちゃんの最後のレッスン。
「私に出来るのはここまで。あとは大学の先生に見ていただいてね。
 大変な時に上京することになるけど、身体に気をつけて、元気で頑張って!
 たくさん勉強してくるんやで~!」

コンクールも受けて、音大も受験して、8年間いろいろあって大変だったけど
私もやりがいがあって楽しかったよ。
別れ際に手紙をくれた。
1103_032.jpg
嵐の話て・・・この1年ばかりは受験でそれどころじゃなかったし、私もだいぶ落ち着いたから(笑)
ほとんど嵐の話はしてないやん。それでも、よっぽど印象的だったんだろうな~。
彼女は中学生の時に嵐ファンだったらしく、高校生になって「卒業」した頃に私が嵐のファンになり、
ライヴのDVDの貸し借りしたり、写真や雑誌の記事を交換したりしたなぁ(笑)

★・。.*・;。☆・。.*・;。★・。.*・;。☆・。.*・;。★

結婚してすぐに妊娠し、つわりが酷くてレッスンをお休みしたままになってたSちゃん。
去年出産の報告は受けていたけれど、9ヶ月になるベビーを連れて挨拶に来てくれた。
1103_021.jpg
すっかり母の顔になっていた。
26歳。「あと二人は生む」らしい。たくましいなぁ。
そんなわけで、しばらくレッスンには来れそうにないです・・・というご挨拶だったんだけど、
「この子が大きくなったらピアノさせたいです!」って。
・・・うわぁ、私、それまで元気でいなくちゃ!(爆)

Sちゃんも、子育て一段落したらまたピアノ再開してね。
ピアノとはつかず離れずの「いいお友達」でいてね・・・と約束した。

★・。.*・;。☆・。.*・;。★・。.*・;。☆・。.*・;。★

生徒たちの夏のコンクールの曲も決まり、本番前のホール練習の会場を予約して来た。
新たにコンクールに出たいという生徒が何人かいて、例年になく参加者が多い。
難しい曲をどうやってものにするか・・・苦しくも楽しい戦いが始まる。
別れは寂しいけれど、立ち止まっているヒマはないね。次へ向かって歩き出そう。

合格おめでとう

気になっていた、元生徒(高3)が入試の結果を報告に来てくれた。
静岡の大学の工学部に行くことになったそうだ。
前期で東北の大学を受けたけど、そちらは不合格。
もしそちらに受かっていたら、震災の影響で授業開始がかなり遅れると聞いたので
心配していたのだけど・・・
試験の時、浜松駅に降りたらピアノがあって、
ちょうど浜松国際ピアノアカデミーを開催中で(今年は地震の影響で途中で打ち切りになったけど)
楽器博物館もあって、

「こっちの学校に行く運命だったんじゃない?」
「そうですね~自分の進みたい道へ進んで、近くに『好きなもの』もあって。」

ピアノを、音楽を『好きなもの』と言える彼であってくれて、嬉しいと思った。
とりあえず、電子ピアノは買うらしい。どうかピアノ続けてね。
浜松国際ピアノアカデミーは、前からずっと聴講に行きたいと思っていたので、
彼がそっちにいる間に行くからね~と約束した。

★・。.*・;。☆・。.*・;。★・。.*・;。☆・。.*・;。★

受験で2ヶ月休んでいた中3の生徒の親から電話あり。
年末にも年明けにも何も言わずレッスンに来ていて(練習はほとんどしてない)
他の子が受験で休むと聞いて、急に自分も休むと言い出し(主体性がないのだ)
「合格したら、ピアノどうするの?」と一応聞いたら
「教員になる気持ちがあるから続ける」と答え、
いざ合格しても数日何の音沙汰もなく、
ようやく電話があったと思ったら
「本人は中学で辞めるという決意が固いので・・・」と親の弁。
「いままでお世話になりました~」と、電話の一本でハイさようなら。

うちから歩いて2分ぐらいのところに住んでいて、そんなお別れのしかたもあるのね~。
本人も、私に「続ける」ってウソついて、「じゃあ受験が終わったらこの本しようね」と
新しい本まで用意させて(まだ渡してないから丸損)、このまま終わって後味悪くないのかな。
ちょっと顔見せて挨拶してくれれば、もし道でばったり会ってもお互い気まずくないのにね。

救援物資

市で東日本大震災の救援物資(毛布・タオル・衣類)を受け付けていると知り、
昨日市役所へ持って行って来ました。
未使用のものに限るそうで、先日部屋を片付けた時に出て来たタオルと衣類
(ライナー付きの綿コート、カラージーンズ、スカート、ジャンパースカート、Tシャツ)
を持って行きました。
半袖Tシャツは必要ないかな?とも思ったけど、肌着がわりに着られるかも・・・と思い直し、
別の袋に入れて持って行きましたが、衣類なら種類は問わないそうで全部OKでした。

福袋に入っててまだ着てないのとか、通販でセットで買ったのにサイズが合わなかったのとか、
おみやげとかでいただいたものの、サイズやデザインが合わなかったTシャツとか、
探せば結構いっぱい出てきました。こんなに新品溜め込んでたんや・・・と、ちょっとびっくり。

私、身体が(縦にも横にも)大きいので、洋服はいわゆる「大きいサイズ」なんですが、
もし被災地に私と同じ体型の方がいらっしゃったら、きっと着る服がなくて困っているのでは?と
思ったので、ありったけ持って行きました。

洗濯済みのものでよければ、もっとたくさんのコートとかあったんですけどね。
洗濯済みでよいか、未使用のものか・・・は自治体によって違うみたいです。

今日、集まった救援物資約6000点を職員4人で被災地(宮城県石巻市)へ運んだそうです。
16日~21日までに毛布約250枚、タオル約4000枚、衣類約1700点が集まったそう。
人口数万の小さな市でも、5日間でたくさんの物資が集まるんですね。
遠く離れた関西の小さなまちでも、みんな「自分に出来ることは何か」をずっと考えています。

辛い授業

土曜日の午後にレッスンにやって来た、Kくん(中2)。
いつも「覇気がある」タイプではない(笑)のだけど、この日は特に。

いつもレッスンの始めに弾く曲(もう何年も弾いている、彼のお気に入り)があって、
めったなことでは間違えないのだが、この日はボロボロ。
「何かあったかな?」と思いつつ、「珍しいなぁ~、今日は不調やなぁ」と何気なく水を向けると
普段そんなにしゃべらない彼が、ボソっと・・・

「今日、学校でニワトリ殺してきた。」

思わず凍りついたけど、どうやら授業の一環として、今まで育ててきた10羽ほどのニワトリを
解体し、料理して食べたんだそうだ。
思い出すのでその時の様子は話したくないようだったので、根掘り葉掘りは聞けなかったけど、
強制ではなく自由参加で、男子は8人ほど、女子はもっと少なかったようだ。

一人で一羽ずつのニワトリを・・・ということだ。

命の大切さを教える授業の一環として・・・ということだが、この是非はともかくとして、
「今まで育てて来たニワトリを殺して食べる」という行動が心に与える傷は相当大きいだろう。

彼の家はずっと猫を何匹も飼っていて、先日自分たちより長く家にいた長老猫が亡くなった時も
すごく辛そうだった。そんな子が、自らの手でニワトリを殺さなくてはならなかった辛さ。
それでも、その最期の瞬間に立ち会わずに逃げる、ということも彼には出来なかったそう。

綺麗ごとを言うつもりはないけど、「殺すために飼う動物」って・・・
殺戮を実際に体験しないと、命を大切に思うことは出来ないのでしょうか?
そこは「想像力」や「思いやり」でカバーできないでしょうか?

★・。.*・;。☆・。.*・;。★・。.*・;。☆・。.*・;。★

その昔、飼いたくてたまらなかったコーギーを、ついに飼えることになり、
大喜びだった小学生のRくん。確か3年生ぐらいだったかな。
毎週レッスンに来ては、可愛い子犬の「ハリー」のことを話してくれる。
ある時、目に涙をためて
「先生、ボクなぁ、もしハリーが死んだら・・・って思うだけで涙が出るんや。」
「わかるわ、私ももしGONTAが死んだら・・・って思っただけで泣いてしまうもん。」

それでいい。それだけで充分じゃないですか?

ポイントを募金

ネットで、たった1回お買い物したところからずっとメルマガが送られて来るんだけど、
もう買うこともないから、解約しなきゃな~と思いつつ、ついそのままにしてあった。
こないだのメルマガで

被災地に向けて○○(店名)が出来る事として
ポイントを通じた義援金の募集を始めさせて頂きました。

皆様がご購入頂いた際に付与されているポイントを
義援金として寄付する事が出来ます。

1ポイントからでも寄付が出来ますので
お手数ではありますが、数分間だけお時間を頂き
ご参加頂けたらと思います。

集められたポイントは全額、日本赤十字社を通じて
被災地の支援に充てられます。


早速、久しぶりにログインしてみたら、441ポイントあった。
もうお買い物することもないサイトだからポイント貯まってても使わないし、早速募金。
たとえ441円でも無駄にせず募金できるなんて、ありがたい。
今、yahooとか、いろんなところでポイントを募金することが出来るようなので、
もし使わないポイントがあれば無駄にせず募金することも、今自分に出来ることですね。

★・。.*・;。☆・。.*・;。★・。.*・;。☆・。.*・;。★

今使っているmp3プレイヤーは乾電池で動くものなんだけど、
(出先で充電切れても、すぐに入れ替えられるから)
巷では乾電池も品不足&品切れだそうで、だからといって買いだめするのは×でしょ。
本当に困っている人たちが使えるように、譲り合わなきゃ。
なので久しぶりに、昔使ってた充電式のプレイヤーを出してきて使ってます。
せめて、出来るところで・・・ね。

原発

福島の原発で、被害を最小限に食い止めようと懸命に尽力されている方々のことが
本当に心配です。
命の危険にさらされながら、国を背負った悲壮な使命感で必死に頑張っておられるのだと
思うと涙が出ます。ご家族はどんなにか心配でしょう。

よく拝見しているブログで見た、とてもわかりやすい原発の動画
http://www.youtube.com/watch?v=ZUzBvxdnCFM

原発くんのお腹痛いのが、早くよくなりますように。

募金

コンビニのレジに、東北地方太平洋沖地震義援金の募金箱があった。

お買い物の後の、ほんの微々たる小銭を入れた。

お買い物のたびに、額を決めて無理のない範囲で募金をすることにした。

出来ることから、少しでも。

★・。.*・;。☆・。.*・;。★・。.*・;。☆・。.*・;。★

楽天銀行に専用口座があり、「東北地方太平洋沖地震の被災者義援金」を振り込めます。
日本赤十字社を通じて全額が募金されるそう。
楽天銀行に口座をお持ちの方は、画面中ほどの「寄付する」ボタンをクリックして、
ログインして金額の指定をするだけで簡単に振り込め、手数料もかかりません。
私も、ほんの気持ちばかり募金させていただきました。
現在の義援金総額 176,470,741円だそうです。
少しの力が集まって、大きな力になることを願って止みません。

FESさん無事でした。よかった!

クリック募金させていただいているFES DOGS HOMEのブログが更新され、みんな無事でした。
犬たちにも建物にも被害がなく、ライフラインも昨日夕方に復活したそう。よかった!
犬たち皆無事です
心配していた岩手の小次郎くん&父ちゃんも無事でした。ほんとによかった。

でも、被災地では人間のみならず動物たちも本当に辛く大変な思いをしていることでしょう。
今日は関西はとても暖かくて、外で上着無しでいられるほどです。
東北の皆さんも、少しでも暖かく、過ごしやすい日でありますように。
そして、皆さん、ご無事でありますように。

続きを読む »

プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク