のほほんとごんたの日々

愛犬GONTAとの思い出を胸に・・・

コンクール・・・Part2

すっごく久しぶりに吹奏楽コンクールの地区予選を聴きに行った。
10年以上前に社会人バンドで一般の部に出て以来。

中3のYちゃんが部長をしていて、中学生活最後のコンクールに燃えていて、
毎週レッスンのたびに「使えない後輩」の愚痴を聞かされてて(笑)
何気なく「出番は何日の何時頃?」って聞いたら事細かに教えてくれた。
他の学校の中1のIちゃんにも聞いたら、父兄に配られた「当日の予定」のプリントを
わざわざ持ってきて見せてくれた(笑)・・・こりゃ~聴きに行かないと。

プログラムを見ながらよくよく考えたら、今年はブラスやってる生徒が
中高合わせて6校・7人もいた。
二日間会場へ足を運んで、時間の許す限り聴いて来たけど、
先週から本番やら公開レッスンやらピアノコンクールやら・・・で、
連日ホールで座り詰めの冷房漬け。
身体がだるい。足が冷える。腰とお尻痛い。チョー疲れた~!

Yちゃんの学校はなかなかいい演奏で、あとで聞くと金賞取れたそう。よかったね♪

学校によって演奏にも(上手下手だけでなく)カラーがあって、いろいろ考えさせられた。
ついつい職業的な(粗探し的な)聴き方になってしまうのが悲しいところだけど、
指揮者(指導者)によって、本当に歴然と差が出てしまうものだな・・・と。
はっきり言って「生徒が振った方がマシ」なレベルの、子供みたいな指揮をする先生。
そのバンドの演奏は、強弱も音色の変化もメリハリも、何も無いのっぺらぼうの演奏。
生徒たちは毎日毎日真面目に練習を重ね、ミスも音外れもなく、きちんと吹けているだけに
可哀そう・・・。
身体や首をくねらせ、手首から先だけで指揮して、打点がさっぱりわからない指揮者。
身体をバウンドさせながら振り、打点はわかりやすいものの、どの場面でも同じように
バウンドさせて振るので、表現の変化がつきにくい指揮者。
学校の先生はとっても忙しいんだとは思うけど、もうちょっと勉強したらいいのに・・・。

ピアノコンクールでも全く同じことを思った。
自分だって何にもわかっちゃいないけど・・・
でも、明らかに「それは違うやろ!」みたいな弾き方をさせている先生も何人かいて、
信じてついて来てる子供が可哀そうに思えることも。
自分がそうならないように・そう言われないように、これからも勉強しなくちゃなぁ。

たまにはピアノばかりでなく、違う畑の演奏(コンクール)を聴きに行くのもいい刺激になった。
今年は各学校の文化祭(合唱コンクール)にも、出来るだけ顔を出してみようかな。
ぼちぼち伴奏譜を持ってレッスンにやって来る生徒がちらほら・・・。

コンクール

コンクールを棄権すると言った生徒からは昨日一日何の連絡も無く・・・
私の中ではもうコンクールはすっかり「終わって」しまってた。

昨日は開放感から、喜び勇んでこんなん食べに行って・・・
0907_031.jpg
ついでに(笑)こんなんも食べちゃって・・・
0907_032.jpg
いやぁ、満腹♪

・・・すると、今朝早く生徒の母からメールが。
「おはようございます。○○はコンクール頑張って受けると言い出し
昨夜から練習しだしました。いろいろお騒がせしました。よろしくお願いします。」
・・・まぁ、予想はしてたけどさ。

慌てて、朝10時に補助台(足台)持って会場へ。
「賞は関係なく、間違ってもいいから一生懸命弾く。」と言うので、
「楽しんで弾いておいで!」と送り出す。
この1週間、まともに練習していないので、ベストを尽くしたとは言いがたいが、
大きなミスも無く、彼のレベルで「いい演奏」が出来たと思う。

帰って来て、夕方から仕事してたら生徒から電話&メール。
仕事中なので出られず、合間に見てみると
「今日はありがとうございました。○○は銅賞取れました。ご指導ありがとうございました。」

・・・はぁ・・・
ベストな状態じゃなくて銅賞取れるなら、もっとちゃんとやってたらねぇ(笑)
それにしても、この親子には賞に拘ることの無意味さ・虚しさをもっとわかって欲しいわ。
無心に音楽と向き合ってベストを尽くした結果、「おまけ」についてくるのが賞でしょ?

つ、疲れた・・・Part2

あさって、某ピアノコンクールの小学1・2年の部を受けるはずだった生徒。(小2)
昨日、生徒の母からメールあり。
「○○は一年生の人に負けたら嫌になるからコンクール受けたくないと言い出しました。」

これまでにも何度か繰り返された、こういうやりとり。
何度となく言った。
音楽は勝ち負けじゃないよ。強いていうなら「自分との戦い」。
自己ベストを出せるように頑張ろう。賞は「おまけ」のごほうびだよ。
いくらそう言っても、通じない。
賞が取れなきゃ嫌。でも、面倒くさい練習は嫌い。だから上手に弾けない。
だから賞が取れない。だから出ない。

私は受けても受けなくても、別にどっちでもいい。
でも、これまでに何度も「頑張る」と約束したのに、それを簡単にくつがえすことは
子供にとって良くないのではないか?
昨日の夜も遅くまで親子と話して、やっぱり受けるということに落ち着いた。

が、しかし・・・今日来たメール。
「やはりコンクールは受けないと言って全く練習してません。
ピアノレッスンも嫌とか言ってます。なんせ練習が苦痛らしいです。」

電話で言った。
もう、無理して受けさせなくてもいいのではないか。棄権の電話だけしておいてね。
来年からコンクール受けるの、やめとこうね。のんびり行こうね。
「いや、本人は来年は受けると言ってます。」

・・・はぁ?



今日は10時から19時まで、昼45分休憩を除いてずっと公開レッスンを聴講。
とてもよいレッスンなので、音大受験志望の高校生に
「もし時間があったら少しだけでも聴きに来たら?」と勧めたら、
補習や部活があるけど、途中で抜けて行けそうだというので場所と内容を詳しく説明した。
わかりやすいように後で受講曲目と時間のメールもした。
「ありがとうございます。その時の状況で判断して行きます。」
との返事だったのだが・・・今日の夕方になって
「先生ごめんなさい。今の中途半端な気持ちでは行きたくなくて。
自分がどうしたいかとか、よく分からなくて。とりあえず、今日は行くのをやめます。」
いや、別にそれはいいんだけど・・・もうちょっと早く言えばいいのに。
自分がどうしたいかわからないからこそ、いろんなところに行ってみれば
何か見えてくるかも知れないと思ったから誘ったのだけど。

ぼちぼち志望校決めて頑張らないと、厳しいよ!・・・というこの時期になっても
自分がどうしたいかわからない・・・では、音大受験なんて無理やなぁ。
「積極的に勉強したい!」「いろんな演奏を聴いたり、人前で弾く機会を少しでも多く持ちたい!」
というような意欲が持てないのなら、音大受験なんて無理やなぁ。
嫌々やることじゃない。好きじゃないと、続かない・・・こんな過酷でもうからない商売(笑)



今日の公開レッスンで、現役音大生の演奏を聴いて、思うこともあり・・・
なんだかもう、音大に行くのがいいのか、コンクール受けるのがいいのか、
何がいいのか、わからなくなって来た。
結局は自分が好きか嫌いか、どうしたいか。
そして、家庭の事情がそれを許してくれるかどうか。
たったそれだけの、シンプルなこと。

私は自分が音楽が好きで、その道に進むことに何の迷いもなかったから、
迷う人の気持ちがわからない。
そして、音楽を「勝負」や「戦い」だと思ったことがないから、そういう気持ちもわからない。
どうしても「勝負」だけがしたいなら、それ「だけ」にこだわるのなら、
それに対応してる先生のところに行って欲しい。
・・・レッスンは私の何倍も厳しいけど(笑)



公開レッスンの休憩時間に、どうしてもオムライスが食べたくなり・・・
meal0907_003.jpg

オムライスとサラダのみで830円、オムライス+ハンバーグ+グラタンで900円なら
やっぱり後者を選んじゃいます(笑)・・・ダイエットの敵だけど(;^_^A

つ、疲れた・・・

コーラスの伴奏の本番でした。
(撮影はにらいさん。いつもありがとう♪)
0908_008.jpg

全部で20数団体が出演したのですが、今回2団体の伴奏をしました。
それから急遽現場で頼まれて、譜めくりも。
午前中、本番のホールでリハがあり、あとは午後の出番の前にも別室で声出しして、
それから本番を迎えるのですが、譜めくりも含めてその手順を3度繰り返すことになり、
ホールの中を行ったり来たりしてたら、膝と腰に来ました(;^_^A

いろいろと思うことはあったけど、なんとか大きな破綻も無く無事に終わってホッとしました。
ただ、自分ってホントにプレッシャーに弱いな~と再確認(情けない・・・)
プレッシャー・緊張感を楽しむぐらいになれるといいんだろうけどなぁ。

合わせの時、どうもここがうまくいかない・・・っっていう「鬼門」みたいなところが1箇所あって。
合わせの度に落ち込んで帰って、何度も何度も家で練習するんだけど、
正直、家では間違えたことがない。何度やってもフツーに弾ける。
なのに合わせの時、そこに来ると魔法がかかったみたいにミスタッチしてしまうのだ。
なぜなんだろう・・・ってかな~り悩んだし、不思議でもあった。
考え付くありとあらゆることを試してみたのに・・・結局本番でもそこがうまくいかなかった。
プレッシャーに弱い心を克服したい。強くなりたい。

終わって帰って、部屋片付けて、シャワー浴びて着替えて、小1時間爆睡して(笑)
夕方から、明日の分の仕事をしました。さすがに疲れた・・・
明日は公開レッスンを聴きに行って勉強してきます。
やっぱり、アウトプットだけじゃなくインプットも大切だよね。

水曜日に生徒のコンクールを聴きに行き、それが終わったらやれやれ・・・かな。
・・・誰か、遊ぼ~♪(笑)

悲喜こもごも

楽器店の合同発表会。

生徒たちの出来は、ひとことでいうと、やはり努力に比例していた。
頑張った人は頑張ったなりの結果が出せていたし、
止まったりつっかえたり、悲惨な出来の人は、やはり努力が足らない人たち。
冷たいようだけど、「自業自得」。
(中には1分近く止まって弾き出せなかったり、数え切れないぐらい間違った人も。)
そんなふうになるのが嫌なら、来年はそうならないように、
もっと早く仕上げられるように頑張ればよい。
一番許せないのが毎年同じ失敗を何度も繰り返し、しかも懲りずに練習しない生徒。
やることやって、それでもミスしてしまったのはある意味仕方ないけど、そうじゃない。
そのくせ、考えが甘い。「前日に練習すればなんとかなる」とか思ってる。
なんとかなる訳ないじゃん。信じらんない。



でも、よく頑張ってよく弾けてた生徒(普段のレッスンで1回も止まったことがない)が
とんでもないところでやらかして立ち往生し、次が出てこなかったのは辛かっただろうな。
今回、頑張った生徒はみんなうまく行ってただけに、残念だったし本人もショックだったろう。
終わった後、号泣。30分ぐらいずっと慰めてた。
今は辛いけど、この経験がアナタをより強く育てるんだよ。
何事も無駄なことはないんだから。

去年、やっぱりよく弾けてた生徒が本番でやらかした。
彼はすごくそのことを気にしていて、「今年は絶対ああなりたくない」と練習を重ねたが、
前々日は野球の試合、前日は子供会のキャンプで疲れ果て、今朝になって発熱。
「弾けないから行きたくない」と弱気になりながらも、根性で会場に現われ、
今日の本番ではまさに会心の出来!
弾き終わって袖に引っ込んで来る彼の、輝くばかりの満面の笑顔に感動した。
この顔を見るために仕事してるんだと言ってもいいぐらい(*^。^*)

失敗は成功のもと・・・というけれど、検索したら
「成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。」ウィンストン・チャーチル
って言葉もあった。う~ん。これ、何気に深いな。

ひまわりっ!

午前中、コーラスの練習へ。
唯一の若手メンバー、Nちゃんの手作りクッキー。
0907_024.jpg
ちゃんと下に敷く紙まで、カットして持ってきて・・・細やかな心遣い♪

練習終わって、帰り道。ヒマワリ畑発見。
0907_026.jpg

0907_027.jpg

0907_028.jpg

こちらは大きなヒマワリ・・・うなだれてて、記者会見で謝ってる人みたい。
0907_025.jpg

午後2時から月イチで1時間レッスンしている大人の生徒さんが来るので、
寄り道したかったけど早々に帰り、昼食を食べ、
珍しく母と弟が買い物に出掛けるので「一緒に行かない?」と誘われたのも断り、
レッスン室に冷房を入れ、待っていたのに来なかった。

この方、外国の方(どこの国かは伏せるけど、アジア)なんだけど、
レッスンの約束をしても、来たり来なかったり。・・・国民性?
ここんとこ何度かはキチンと来ていたけど、それでも
「娘(かつては習っていた。今は勉強が忙しくてお休み中)を連れて来るから
2時間取って欲しい」と言いながら、連れて来たのは初回だけで
次からは2時間取ってたのに母1人だけで来たり。

日曜日は他の大人の生徒のレッスンも入るから、無限に時間がある訳ではないし、
入らなかったら入らなかったで、めったにない貴重な丸一日のお休みだ。
来るか来ないかはっきりして欲しい。
なのに、「連絡くださいね」と何度となく言ってもダメ。

来ない理由は「忘れてた」だったり、「(娘の)学校行事が入った」だったり、いろいろ。
今回は、前回レッスン日時を決めた時に
「もしかして、夏休み中は母国に里帰りするかも・・・まだわからないけど。」って言うから
「里帰りされるなら、連絡下さいね」と言ってたのに、何の連絡もナシで、無断欠席。
「来なかったんだから、里帰りしたっていうことだよ」・・・ということか。

あのね、私だってそんなにヒマじゃないんだよ。
その分のお金をもらっているんなら、その1時間は黙って待って、来なきゃそれでもいい。
でも、ワンレッスン制(1回ずつのレッスン料)にしてるから、無断で休まれるとホント迷惑。
・・・なんで、それがわかんないんだろう。

久しぶりにビリーとデート♪

ブートキャンプはやっぱりハードで毎日続かないので、
一番最初に買った入門編みたいなの。

Tae Bo: 30 Minute Power Pounds [DVD] [Import]Tae Bo: 30 Minute Power Pounds [DVD] [Import]
(2005/05/17)
Billy Blanks

商品詳細を見る

・・・やっぱり運動すると、身体がスッキリして元気になる♪
今週はコレやって、来週からブートキャンプ再々々・・・入隊するか。

続きを読む »

最終愚痴(になるハズ)

楽器店の合同発表会まで、あと1週間を切りました。

まず・・・やる気が無い人に、何言ったってムダ。

あと、「やれば出来るのに」ってのが曲者で、いくら「やれば出来る」力を持ってたって、
やらなきゃ、それは結局「出来ない」のと同じこと。

いくら、周りの人が「やれば出来るのにもったいない」って思ったとしても、
やるかやらないかは本人次第。無理強いしてさせるモンでもなし。

やれるかやれないか(努力出来るか出来ないか)・・・それも一つの才能だしね。

それに、「やれば出来る」の「やる」が、「恐ろしく長時間の練習」だったとしたら、
そんなの「やれない」人が殆どだし。(少なくとも私の生徒たちは)
それを「やれば出来るんだから」って言ったところで、非現実的だ。

その人に出来ることを、その人なりに頑張ればいい。
そこさえクリアしてたら、結果がどうあれ何の文句もない。
それだけ。ただそれだけなのに、なんでこんなにイライラするんだろう。
・・・いつからこんなにも子供たちは「頑張れなく」なったのか。

いや、結局、やる気が無い人に、何言ったってムダなんだから。(堂々巡り)



去年もそうだったんだけど、この時期とっても身体がしんどい。
そして、顔や手足がむくむ。すごくだるい。
水分摂りすぎ?ちゃんと汗もかいてるのになぁ。

脇腹がキリキリキリ・・・

朝からコーラスの伴奏しに行って、そのまま出稽古に行った。

本来なら今日は1時半から7時半までの仕事(最後の生徒はお休み)だが、
先週、発表会二週間前にも関わらず練習をしてこなかった上に
反抗的な態度で結局レッスン出来ずじまいだったAさんのために、
今日30分早く、1時に行って、倍の時間(60分)レッスンすることにしていた。

そこへ、夕方4時半の生徒から「早めの時間に変更して欲しい」とメールが来て、
また30分繰り上がって、12時半に仕事スタート。

変更して空いた4時半からの30分は、4時からの生徒Bさんが
先週、発表会二週間前にも関わらず無断欠席したので、その補講に充てた。

そこへ連絡が入り、5時半の生徒がお休みすることに。
折りしも、5時からの生徒Cさんが発表会一週間前にも関わらず学校の音楽会の伴奏
(これがまたクソ難しい)の楽譜を持って来て、来週水曜に学校で弾かなきゃならない、と。
必然的に、5時半からの30分はCさんの補講に充てることに。

6時からのレッスンのDさん、発表会一週間前にも関わらず最初10回ぐらい弾き直す。
途中でも何度も止まるし、ただ音をなぞるだけで、他のこと(強弱など)が何にも出来てない。
次の生徒を10分待たせて、必死で練習させる。

6時半からのレッスンのEさん、ここ数回のレッスンでいつも全く同じことを注意するのに
発表会一週間前にも関わらず全然直らない。直す気がない。
言えばその場ですぐ直るのに・・・もう、言っても無駄か?

そして、今日最後のレッスン、7時からのFさん・・・発表会一週間前にも関わらず
片手で弾いても間違えてつっかえて、ロクに弾けない。結局本来のレッスン30分に
プラスすること40分の補講、必死で練習させる。

結局8時間近く休憩ナシ・ほぼ立ちっぱで仕事。いわゆるサービス残業だね。



Aさん、Bさん、Cさんはそれでも、発表会の曲はなんとか最後まで暗譜で弾けたので
こちらもまだ気分的に余裕があった。
ただ、Cさんの音楽会の伴奏を見て、精神的に余裕が無くなった。
「アンタ、こんなことやってる場合やないやろ!」と叫びたい気持ちをぐっとこらえ(笑)、
レッスンしてたら、キリキリキリ・・・と脇腹が痛み出した。
痙攣っぽい感じ?これって、ストレスなんだろうか。
Dさんのあたりで今度はムカムカし始め・・・最後のFさんに至っては頭痛が・・・

毎年のことなのに、なんで学習しないかなぁ?みんな。
明日の午後からリハーサルなのに、大丈夫なの?ホンマに弾けるの?
ベストを尽くしたなら、結果はどうあれ納得出来るけれど、
決してそうとは言い難い生徒が半数を占めるという、この現実・・・。

今日最後のレッスンのFさん、「明日リハーサルなのにこの出来って酷すぎ!」と言うと
「明日午前中に練習したらいいやん」って他人事みたいに。
まだ片手も弾けてないのに明日の午前中で仕上がるなら、これまでの3ヶ月間は
一体何だったのだろう?
今度から2週間前ぐらいに曲渡そうか・・・プププ。

(追伸)
これ書いてから寝たら、
「教育者って何?」
ってひたすら叫び続けてる夢を見た(爆)自分の本番より、ストレスたまるわ~。。。

食べ物日記2

まだまだ続く、外食生活・・・ホテルの和食処で、天ぷら定食
0907_017.jpg
&コーヒー(クッキーは持ち込み・・・ナイショ)
0907_018.jpg



ケーキ屋さんで、キャラメルマキアート
0907_019.jpg
&いちじくのケーキ
0907_020.jpg



多国籍レストランにて、生春巻
0907_023.jpg

キノコとベーコンのパスタ
0907_021.jpg

ピッツァ・マルゲリータ
0907_022.jpg

・・・当分は粗食を心がけます、ハイ。
プロフィール

nohohon

Author:nohohon
GONTA:雑種♂
NOHOHON:ピアノレスナー♀

GONTAは2012年1月17日に14歳6ヶ月で永眠しました。
長い間GONTAを可愛がっていただき、ありがとうございました。
これからも、ずっとGONTAといっしょです(^。^)
宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただきますので、ご了承下さい<(_ _)>

<メインサイト>

☆GONTA'S ROOM☆

↑クリック募金やってます。

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク